Home

bowjackmoore – 日記的雑感

ありがとうございます

いつもスタッフに恵まれてきて、
今の自分があると思っている。

仕事に対してはどこか独善的で
特に仕上げ方については誰の言葉も要らない
というスタンスがある。
 
だからスタッフについてくれた人は
かなり面倒なヤツって思っているに違いない。
 
だけど何故か、
皆面倒見が良くて助けられる事が多かった。
 
 
自分の中には「仕事」というスイッチがあって
それを入れれば自動的に「個人感情スイッチ」がオフになる。
 
多分それは、
若造が自分より年上で経験豊富なスタッフを
自分の手足のように使う仕事に就いてしまった経験で
学んだ事なのだと思う。
 
同時に、一緒に働く人達には
仕事がやりやすいようにしたいという思いも強くて、
だから恣意的な行動や感情的な動きを抑制し、
仕事の完成度を一緒に上げていくことだけど自他共に意識する方向へ
導くのが大事だと思ってきた。
 
でも自分、
安定した仕事を淡々とこなし、
ひたすら守っていく事は苦手だ。
 
それはきっと、自分の仕事のやり方が雑で、
「終わりよければすべてよし」と信じて疑わないからって事なのだろう。
  
 

 
 
「実は、早いんですけど定年のお祝いをお渡ししたくて」
 
「え・・嬉しいな」
 
「定年の日より前に、スタッフ全員が集まれるのは今日だけだったんで、
 皆の気持ちでこんな物を、私の独断で選ばせていただきました」
 
 
今の職場のスタッフが私を呼び出して、
定年記念の酒器をプレゼントしてくれた。
 
結局、今の職場で今の立場のまま再雇用となるので、
特に何かが変わるのでもなく、自分自身も今ひとつピンと来ていない定年。
 
会社としても初のプロパー定年者を出す事から
何かこうしよう・・・という考えも無いようで、
気付けば雇用形態が変わっているだけ、なイメージで捉えていた。
 
だから、虚を突かれた感さえあったのだけど
素直に嬉しくて、ちょっと言葉に詰まる。
 
今のスタッフは全員が個性的で、
ある意味、正直過ぎる言動やマイペースな仕事っぷりが
組織の中では浮きやすいタイプに見える。
 
勿論、私のマイペースなやり方はさらに強力なので、
合わせるのは大変だろうと想像するけど、
そんな彼らが考えてくれたプチイベントは、
今まで一緒に仕事してきた全ての仕事仲間に対する
感謝の気持ちを膨らます効果が絶大だった。
 
「これからも、よろしくです」と言える歳だからまだ良いけど、
契約が満了する時にはどんな気持ちで最後の日を迎えるか、
未だ想像ができないでいる。
 
ありがとうございます。
4月からも、よろしくお願いいたします。

空不異色

「たぶん、その言葉が欲しいんですよ」
 

彼はそう、呟いた。
 
どちらかと言えば人見知り。
笑顔を作る事も苦手。
 
だけど仕事のスイッチが入れば
どうにかできる。
 
そんな性格の話を挟みながら、
親との確執の話に話題が流れた頃、
彼は仕事とは別に何かの言葉を求めていることを
言外に匂わせた。
 

なるほど
この人は答えを求めて彷徨い
未だ答えを得る事ができないまま
生きているのだね。
 
私自身の経験を少しだけ話したあと、
「絶対謝らなかった人が『ごめんね』と事も無げに吐いた」
と伝えた時、彼の中に1つの行先案内板が立ったように感じた。
 
 

 
 
「まだ、答えは出ないんですけど。
 きっと欲しい言葉を聞ける事も無いと思いますけど。」
 
 
求める物が何かわかるだけでも、良いと思う。
  
私自身はそれがわからなかったし、
受け取って初めてその意味や重さを知っだけど、
相手にとってはあまりに軽い、という事も見えている。
 
その軽さ故に、立ち止まってしまった恨みをはあっても、
明日へ向けて軽やかに歩けそうな気分は生まれたのだ。
 
そしてそれが、
乗り越えていく力に変化する事も、予想できる。
 
 
そんな会話を、初めて会った人と交わす。
 
その奇跡的な時間がある事は、
表現を続けてきた意味を裏付ける。
 
   
答え合わせは、大事なこと。
それがお互いにできる関係は希有なこと。
 
ふと、そんな瞬間があったことを思い出したけど、
だから今も、構えもなく引き出しから出す事ができるのだろう。
 
これも役目の一つなら、
新しい役を担うだろう厄年も捨てたもんじゃないね。

枝垂れ桜

国花と言えば桜と菊。
菊は皇室の象徴でもあるため、どちらかと言えば桜がイメージしやすい。
 
大島桜と江戸彼岸の交配によりできた染井吉野は
現在日本ではもっとも有名な桜ではあるけど
その全てはたった1本の桜のクローンだという事がわかっている。
 
韓国の済州島に咲くエイシュウザクラは染井吉野の起源と言われた事もあったが、
瀛洲桜(エイシュウザクラ)は江戸彼岸と大山桜の種間雑種であり
染井吉野は江戸彼岸と日本固種である大島桜の種間雑種の雑種である
との論文が出され、科学的には似て非なる物として現在は考えられている。
 
でも、正直言って、花の色や枝振り等に大きな違いが無ければ
自分には同じ桜として見てしまう。
 
 
自宅前にあった一軒家に咲いていた桜は、
染井吉野より1〜2週間早く咲き、散るのにも時間がかかる
見事な桜だった。
 
その桜が葉桜になりだす頃に、近くの公園の染井吉野が一斉に開花する。
すると、窓には幾重もの桜が見える贅沢な借景が楽しめたのだが、
ある日その桜はばっさりと切られ、そこには3階建て住宅が建築された。
 
その結果、遠くに見えた公園の桜も見えなくなり、
春の一時の贅沢は夢幻となってしまう。
 
日本人は桜を心待ちすると言われるけど、
実際、桜をどこか心待ちにする気持ちが自分にもある。
 
窓から見えたろう桜が今は黒っぽい壁になってしまって
寂しい気持ちが訪れる春になってしまったのだけど、
ならば美しい桜を撮るのも良いな、と、昨年はしっかり撮影してみた。
 
 

 
 
枝垂れ桜は江戸彼岸の枝垂れ品種と言われているけど、
この桜は1993年に仙台から移植された物と聞いている。

山下公園にこんな桜があると知らなかったのは、移植された時期には
山下臨港線の高架が残っていて目立たなかった事と、
そもそも桜を見るなら山手でしょ?ってイメージが自分にあったからだろう。

染井吉野よりは早く咲き、その花は長めに咲き続けるので、
旅行者が山下公園で桜を愛でるには良い選択だったのかも知れない。

ぱっと咲いてぱっと散る桜は
義のために命をかける武士の生き方や、
死ぬ事が武士道と言われるが故に潔く散る桜の様をなぞらえるが、
花は散っても木は残り、また来年再来年と新たな花をつけていく姿は
どこか庶民の暮らしを想像させる。
 
だからこそ、花は美しくあって欲しいし
その花を咲かせる社会は、美しさより強かさが大事なのだ。
 
昨今、政治の世界や社会の流れが、
表面的な視界でしか動いていないように感じるのは、
花の美しさだけを見続けたいと願うような無理を
深く考えずに信じる人が増えたという事なのかも知れない。
 
育ち過ぎた枝垂れ桜は、
枝を支えてもらわないと自立できない状態になるが、
名木とされると折れる事も許されなくなる。
 
美しく派手な姿を維持するよりも、
花をさかせる木の方を大事にすべきと思うのだが、
それでも時に、花に目を捕られてしまうほどの美しさは
人を惹きつけて放さない魔力を持っているのだろう。

今年もまた、桜を撮ろう。

スクラップ・アンド・ビルド

いよいよ人生の一区切りがつく年となって、
年頭にあたって、珍しく目標を作ろうかな・・と思った。
 
毎年、毎日を納得するように生きれば、
悔いなく生きられるって思ってきたけど、
暦が新たに始まるのなら、今までとは違う世界を見たくなる。
 
やりたくても封印してきたことは結構あるけど
何故かその封印が解けたような動きが始まりだした。
 
節分で新たな年を迎えるのだが、そろそろ新年の影響が出てくる時期。

今まで当たり前にできていた事が難しくなり、難しかった事が動く年なら、
行きたい方向をぶらさないで、フルスロットルで進むしかない。
 
同時に、日々訪れる色々な事を
全て有り難く感じながら、前向きに前のめりに生きたい、
と思う。
 
今まで大事にしていたものも、守るべきものも、
多くは勝手に壊れて消えていったから、
前に進んで新しい視野の中で、新しい世界を見つけるタイミングなのだろう。
 


 
 
まさに、スクラップ・アンド・ビルドだね。
自分の人生はいつも、スクラップ・アンド・ビルドだったしね。
 
背中からやって来る未来を見定めるのは難しいけど、
過ぎ去っていく今を記憶しながら、流れの向きを見ながら、
限られた時間を使う。
 
ただ、ブレたくない、という思いが、
目標を・・という反応になって出ただけのこと。
 
とは言え、元来ワガママな自分。
悩んだら自分の気持ちに従って生きてきた自分。

今までは捨てて新たな道を選び、
そこから始めるとしても、
やっぱり自分らしく生きることしかできないのだ。

そんな事を考えつつ、目標を立てる。
そして自分の心に記録して、黙って実行するのみ。
 
成果と達成率は自分にしかわからないけど、
自分の中だからこそ、ごまかせない。
 
我ながら困った性格だ、と思っている。

弘誓深如海

 
 
生きていてはいけないとされた自分は
生き続けることを望まれない自分は
生き続けていることに疑問を持ちながら歩いていた
  
そして
そんな自分にとっての救いの道は
自分以外の人のために生きることだった
 
 
気付かなくていいんだよ
それは私の生き方だから
 
自分が唯一生きている意味を感じられる時間を
自分だけ味わえれば良いのだから
 

押しつけているのでもないし
苦しんでもいない
  
ただ
そんな気持ちを素直に受け取って欲しい
と思ってしまっただけ
 
少しだけ解って欲しいと
思ってしまっただけ
 
弱さを見せられる人には
自分を見せたいと思ってしまっただけのこと
 
弱さを晒してしまえるほど
暖かい気持ちに触れてしまっただけなんだよ
 
 

  
  
頑なに
自分の生き方を貫く気持ちは
よくわかる
 
自分自身がそうしているから
よくわかる
 
だから
気づかない顔をして
楽に笑った顔だけ見せて
当たり前に振る舞ってくれれば良いと
願った
 
それでこそ
救われると訴えた
 
だけど
自分の気持ちが一番なのは
人間誰しも同じなんだよね
 
 
だから
私はまた
孤独を選ぶ
 
だから
手を離す
その事で苦しむのは君じゃない
 
  
でも
時は来てしまった
 
限りある命に
もはや猶予はない
 
だから
自ら手を離すんだ
 
離したら
自分を否定し苦しめるとわかっていて
でも握り続ける力を失いつつあることもわかっていても
 

だから
自ら手を離したんだ
 
 

 
 
想いは
届かない
 
願いは
かなわない
 
それは
人生の一部分
 
面白く感じるか
哀しく感じるか
それもまた人生の一部分
 
だからきっと
残り少ない時間も
同じ様に歩くと思う
 
ただ
もう歩けない
 
それが残念だと
思っている

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top